我が心のニャン | あずきのMY ROOM - ペットストリート

ペットストリート

ようこそ!ペットストリートへ

ドッグストリート ワンコの墓地 キャットアベニュー ニャンコの墓地 みんなのMY ROOM おしえて掲示板 PETSTライブラリー ショッピング MY ROOM編集

ホーム   >   キャットアベニュー   >   あずきちゃんのMY ROOM

かわいいワンちゃん・ニャンちゃんたちの写真・プロフィールや飼い主さんのブログも楽しめちゃう!犬・猫大好きな人たちのブログコミュニティ

あずきちゃんのMY ROOM

お気に入りに登録メッセージを送る友達に紹介する 他のニャンコのMY ROOMへ

ブログ記事一覧

ブログカレンダー

<BACK 2010年04月 NEXT>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

戸籍

  • ■猫種: ミックス猫
  • ■誕生日: 2009年04月01日
  • ■性別: 女の子
  • ■ニックネーム: あじゅ
  • ■好きなこと: おもちゃで遊ぶこと

■あずきの家族





晴れのちニャン

RSS

我が心のニャン

登録カテゴリ:思い出 投稿日時:2010年04月04日 18時33分

 前のコ(サラダ)が旅立ってから1年と9ヵ月が経った。
※基本情報に17才と書いていましたが、ちゃんと調べたら18才でした。すみません(;^_^A  そしてサラダ、ゴメンよ。


 家へ来てから晩年まで毎年の予防接種と避妊手術以外は
病院に行ったことがないほど元気いっぱいの女のコでした。

 ところが2008年を迎えてすぐ、急激に食欲が落ち目に見えてヨタヨタ…。
 病院に連れて行くと加齢による慢性腎不全と診断。
 まず脱水症状をおこしていたので1週間通い詰めで点滴し、
何とかヤマを越えることが出来ました。

 以降、週2〜3回点滴を打ちに通院しては会社に行くという生活が
約半年以上続きました。
 入院までには至らなかったものの、正直毎回平均3,000円の診療代は
痛かったけれど、それが当時の私にできる精一杯でした。

 だけど果たして本当にあのコにとっての最良の方法だったのか。

 今でも時々、あの時こうしていればとか、点滴させたり無理矢理薬を飲ませる
ことによって苦しみを長引かせているだけじゃなかったのかと
後悔する瞬間があります。

 とにかくカツオが大好きで、かつおぶしやカツオの生節を見ると
目の色を変えて擦り寄っておねだりしていたのに、
口の前に持って行くと、ひと口ばかり食べるだけ。
 それでも食べてくれるとすごく嬉しかった。

 少しでも食べてほしくて、猫缶も片っ端から試した。
 どれでもいいから、どんなに高くてもいいから、食べてくれるものを。

 祈り届かず日に日に落ちていく体重。抱き上げるとその軽さに驚く程。
 それでも獣医さんから「GWを超えるのは難しい」と言われていたのに
なんとか乗りきることができたのは奇跡でした。


 もう これ以上苦しませたくない、その思いの裏側で
もっと奇跡が続いてほしいと願っていた。

 そして…。

 私は仕事にでていたため最期を看取ることは出来ませんでしたが、
一声鳴いて、その後眠るように息を引き取ったそうです。


きっと神様が「もう頑張らなくてもいいよ」って言ってくださったんだよね。


 君は今、どこで何をしているのかな。
 天国でも大好きなカツオがあるといいな。


 


 思い出となってしまったけれど、今でも君が一番だよ。
最初のコの特権だからね。
 あずきもサラダに負けないくらい長生きして、
いつかこんな風にどっしりと達観した老猫になってね。






コメント(4) | 

>>ブログ利用規約

このページのトップへ

Copyright(C)2011 MyStars inc. All Rights Reserved